忍者ブログ
ADMINWRITE
トワイライトへようこそ。 †ここはカードゲームやデジタルイラストを愛でる管理人「赤烏(せきう)」のブログです。 †ご意見・ご相談はtwiwrightblog★yahoo.co.jp までお気軽にメールで。
[472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《墓守の鐘 ベルリン》
《口寄の化身》

この2つがメインなネクラがじわじわ流行り始めてる感じです?
《黙示賢者ソルハバキ》はネクラに置いてて仕事してくれる3種族だし、《墓守の鐘 ベルリン》自体も3種族クリーチャーだし、ハンターやエイリアンなども関わると、バトルゾーンにとんでもない数の種族が出揃うことになります。
《墓守の鐘 ベルリン》によって、ビートダウンに限らずネクラもハンデスへの耐性を持ったのが発端でしょうか(ビートのハンデス耐性の例:《若頭の忠剣ハチ公》《永遠のリュウセイ・カイザー》など)。環境準トップに席を置く【青黒ハンデス】、大型ハンデス《ロスト・ソウル》を有する【5色】、それなりに厄介な《復讐のバイス・カイザー Z》を検討できる【サイバー・G・ホーガン】や【緑白黒】とかとか、なにげにハンデスしてくるデッキは多かったんですね。
《口寄の化身》の超ドローに対する手段として《サイバー・N・ワールド》が、大量ドローでの山札激減に関する弱点として《ヴォルグ・サンダー》がそれぞれありますが、その両方の威力を遺憾なく発揮できる【ザビ・ミラキリコ】は次回殿堂発表で息の根が止まりそう。

《超次元ガード・ホール》4枚積みだったり、《百発人形マグナム》搭載型だったり、いろいろと自分の好みに合ってるから使ってみたいタイプ筆頭ですね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
赤烏(せきう)
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/08/25
職業:
うどんの国の大学生。
趣味:
デジタルによる絵描き、デュエル・マスターズカードゲーム等。
最新記事
(03/04)
(01/16)
(08/25)
(07/22)
(06/30)
最新コメント
[02/28 赤烏]
[02/27 jagari]
[10/08 赤烏]
[03/29 赤烏]
[03/29 きーさん]
最新TB
フリーエリア
1day1pict
バーコード
ブログ内検索

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ Twi-Wright ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]